一人暮らしとホームシックと期待に膨らむ

一人暮らしがスタートしました。 実家から、とりあえずの少ない荷物だけを運ぶ引越しサービスを利用して、引越しが始まりました。 一人分の少ない荷物ということもあり、短時間で引越し作業は終わりました。

1DKの部屋にダンボールが6つと組み立て式のベットが殺風景にみえましたが、 これからの生活を考えるとわくわくしていました。 それからは一人での解き作業です。 何時間かたった頃すっかりあたりは暗くなっていましたが、 何とか荷物も解き終わり、私は近くのスーパーに買い物に出かけました。一人で買い物をすることすら慣れていない、これからは洗濯も掃除も炊事も全て私一人にかかっていると思うと、 寂しいと思う反面がんばらなければと気合を入れていました。

一人での買い物を済ませて家に帰ったら、真新しい部屋のにおいに新鮮さを覚えました。 これから始まる何かを想像しながら、キッチンに立ち道具も揃っていないので 今日は即席ラーメンとさっきスーパーで買ったお惣菜をお皿に盛って一人の夕食です。 明日はもう少し足を伸ばして、生活に必要なものを少しおしゃれなものをそろえに行こうと、 思いながら夕食を済ませ床につきました。一日目ということもあり、いつもはすぐに眠れる私でしたが少し寝つきが悪く、 何時間かした後夢の中にはいることができました。

次の日、電車を乗り継いで少し都会までやってきてお買い物を済ませ、 まだ学生生活も始まっていないのに、すっかり大人の女性になった気分でした。 そんな充実した日々も何日か過ぎた時、ふと一人でいることに寂しさを覚えたのが、 毎日同じことの繰り返しをしている自分に気がついた時です。

いつも家に帰ると母がお帰りといって、玄関のドアは鍵すらかかっていなかった事や、 時間になると夕飯が待っていてくれた事や、お布団の用意がしてあったこと。 一人暮らしをはじめてはじめてわかった、親のありがたみでした。 これがホームシックというものでしょうか。 なんだか、実家に帰りたくてたまらなくなりましたが、 そんな簡単に帰れる距離でもなく、母の声を聞きたくて電話をしました。

母は心配した声で何かあったのかと聞き、事情を聞くと慰めてくれました。 明日からも自分のできる範囲でがんばりなさい。 その言葉が少し冷たくも聞こえましたが、ほっとしたのも事実でした。 3ヶ月が過ぎた頃、やっと一人暮らしの生活にもなれて、自分のリズムもつかんできました。 楽しい学生生活にも慣れ始め、これから起こる可能性に夢が膨らんでいた、私の大学一年生の春でした。